インストラクター紹介


Kumiko Mack, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

マック 久美子(Kumiko Mack)

東京、広尾のヨガスタジオ、beyogajapanのオーナー。イシュタヨガを日本で教え、米国ヨガアライアンスに登録されているインストラクター養成コースをリードし、数々のワークショップも教える。ニューヨークに在住し、アランフィンガーのもとでタントラの勉強を続ける。2011年、ヨガの熟練度を示す称号の最高峰「ヨギラジ」をアラン・フィンガーから授かる。

 

 


日本語通常クラスの講師

以下のインストラクターが日本語で通常のクラスを教えています。

Chiharu Ueyama, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

上山 千春(Chiharu Ueyama)

  • 米国ヨガアライアンス
  • イシュタヨガ認定インストラクター(E-RYT500)
  • ストットピラティス公認インストラクター
  • インストラクター養成コースシニアティーチャー

1985年~エアロビクスのインストラクターとして、フィットネス業界で仕事をはじめました。1992年~スポーツクラブの社員としてインストラクター活動しながら、有酸素運動、負荷運動、水中運動、ストレッチ、ヨガ、リフレクソロジー、PNFの手技、等々の運動理論と指導の方法を学び実践していきます。その知識や経験で養成コースの担当講師やプログラムの企画・開発グループでその運動プラグラムの効果や方法の研修講師を大阪、名古屋、東京でしていました。2002年~東京に活動場所を決めて独立。

運動を伝える仕事の中で「もっと知りたい!教え続けたい!」と思ったのがヨガとピラティスです。現在はピラティスorヨガのパーソナルレッスン、ヨガグループレッスン、ヨガ養成コースを仕事にしています。私にとってヨガの魅力は呼吸法と瞑想法。目に見える身体調整と目に見えにくい呼吸や瞑想が、身体に対する視野を広くしてくれます。イシュタヨガの魅力は体位法(身体)と呼吸(心)と瞑想(スピリット)がいろいろ体験できること。「シンプル・わかりやすい言葉で!」をクラスでは大切にしてます。クラスでお会いできる事を楽しみにしています。

Junko Saegusa, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

三枝 純子(Junko Saegusa)

  • 米国ヨガアライアンス
  • イシュタヨガ認定インストラクター (E-RYT500)
  • インストラクター養成コースシニアティーチャー
  • マタニティヨガ指導養成コース講師

学生時代、心理学を専攻し「この世の中にどんなタイプの人がいてもおかしなことではない」ことを学ぶ。 しかし、人の心理に正面から向き合うことに負担を感じてしまう。 その頃、気分転換にはじめたエアロビクスの爽快感にすっかり魅せられインストラクターの道へ。 NHKエアロビクス番組のレギュラーも務める。 その後ヨガを体験し、カラダだけでなくココロをも解放されたことに感動をおぼえる。 以来マック久美子に師事し、個人を尊重するイシュタヨガを学ぶ。 体位法・呼吸法・瞑想を通じて「自分に寄り添うこと」の大切さを実感。 時には怒り、泣き、様々な感情を抱く私でも、その奥底には穏やかさや静けさがあること、そして揺るがない強さがあるということをヨガは教えてくれる。 2009年第一子、2014年双子を出産。日々、めまぐるしく変化していく育児の中で「いま、ここ」を大切にしながらこども達と共に成長していること、そこにはヨガの影響があり私の支えになっているように思う。
たくさんの恵みをもたらすヨガ。それを皆さんと共有することは歓びのひとつ。今は、妊婦さんや産婦さんと過ごす時間も楽しみのひとつ。 ブログ http://junkokokara.jugem.jp/
Kazue Aoki, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

渡辺 加寿恵(Kazue Watanabe)

  • 米国ヨガアライアンス
  • イシュタヨガ認定インストラクター (E-RYT500)
  • イシュタヨガ認定マタニティーヨガインストラクター
  • イシュタヨガ認定レストラティブヨガインストラクター
  • インストラクター養成コースシニアティーチャー
  • タイ チェンマイにて、タイマッサージ レベル1~4習得
  • アルケミー・クリスタルボウル講座修了

小さな頃から「何か」の先生になりたいとずっと思っていました。20代は、ダイビングのインストラクターとしてオーストラリアで働いていた経験もあります。
オーストラリア、バリ島、ハワイ、タイなど・・・ヨガも海も楽しめるところでの旅が好き。
心地よい音楽と環境とともにヨガができること、ヨガを教えられることに感謝しています。
Tomoko Kobayashi, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

小林 智子(Tomoko Kobayashi)

  • 米国ヨガアライアンス
  • イシュタヨガ認定インストラクター(E-RYT500)
  • イシュタヨガ認定マタニティーヨガインストラクター
  • イシュタヨガ認定レストラティブヨガインストラクター
  • インストラクター養成コースシニアティーチャー

身体を動かすことが大好きで、活発な幼少時代を過ごす。高校3年の頃、母の影響で始めたエアロビクスに没頭し、エアロビクスインストラクターを目指す。その後は、日々のレッスンで指導するかたわら、エアロビック・ダンス競技大会に出場、プロ選手としての実績を積む。エアロビクスのトレーニングの一環として始めたヨガだか、身体を激しく動かし、追い込んでいくものとは違うアプローチの「心の静けさ」を発見。以来、ヨガの持つ奥深さやエネルギーに強く惹かれる。2007年からマック久美子に師事、ヨガインストラクターへと転向する。指導の現場に携わり続け、20年以上。これまでの指導人生の中で出会った、様々な個性を持つ身体から学んだ知恵を糧に、一期一会 “個性を尊重する”ヨガの素晴らしさを伝えたいと願っている。
Saki Maruyama, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

丸山 沙樹(Saki Maruyama)

  • 米国ヨガアライアンス
  • イシュタヨガ認定インストラクター(E-RYT500)
  • イシュタヨガ認定マタニティーヨガインストラクター
  • インストラクター養成コースアシスタントティーチャー
  • アウトドアスポーツ専門アカデミー 非常勤講師 ヨガ担当

個性を尊重するイシュタヨガに出会うことによってヨガのある生活が始まり、マック久美子氏の下で学び、指導という立場の現在に至る。 故郷の長野県飯山を拠点に自然の多さの恩恵の下、山など大自然の中でのヨガ、長野県内で指導にあたる。現在は長野とbeyoga japanを行き来する中で多くの方々とヨガの恩恵を分かち合えることに感謝し、日々感じるヨガの素晴らしさをイシュタヨガを通して伝えていくことを志しています。
Ryoko Hashimoto, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

橋本 亮子(Ryoko Hashimoto)

  • 米国ヨガアライアンス
  • イシュタヨガ認定インストラクター(RYT500)
  • イシュタヨガ認定マタニティーヨガインストラクター

会社員として働いている頃、ヨガと出会いました。 身体の声を無視して無理した結果、体調を崩したり、ストレスを抱えこんで塞ぎこんでしまったり…。 そのたびヨガは、ちぐはぐになっていた身体と心を、心地よく整えてくれました。 さまざまなスタイルのヨガに触れ、現在は個性を大切にするイシュタヨガを中心に学んでいます。 クラスでは、呼吸、身体の使い方はもちろんのこと、常識や誰かの作ったルールのような「こうあるべき」「こうすべき」という概念をはずして、ありのまま、そのままの自分の素晴らしさを感じていただくことを大切にしています。 自身の体験を深めながら、身体の側面からだけではなく、心の側面からも自分を整えていくためのクラスをおこなうことを日々楽しんでいます。
Ayumi Kera, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

螻 あゆみ(Ayumi Kera)

  • 米国ヨガアライアンス
  • イシュタヨガ認定インストラクター(RYT500)
  • イシュタヨガ認定マタニティーヨガインストラクター

2009年に200時間、2011年に500時間の資格を取得。>都内と千葉県での指導を重ねて現在に至る。大好きなことはサーフィンとゴルフ。いい波に乗っている時、ゴルフのプレイしている時はもちろん楽しいけれど、雄大な海の中でただただ浮かんでいる時、緑の芝や沢山の木々に囲まれ静けさに浸っている時、日常生活からの開放感を感じ癒されます。イシュタヨガを勉強し実践して感じたことは、ヨガにも同じ感覚がありました。マットの上で呼吸に意識を向けながら動き、そして目を閉じやさしく座った時、日常とはかけ離れたなんとも言えない開放感、癒し、幸福感、全てがそこにある気がします。都会の環境で忙しく生活している方々にこそ、ヨガを取り入れて欲しいと願っています。
AyanoNotsu

野津 綾乃(Ayano Notsu)

  • 米国ヨガアライアンス
  • イシュタヨガ認定インストラクター

高校生の頃ダンスに夢中になり、卒業後カリフォルニアへダンス留学する。カレッジで本格的にダンスを学んだ後、ニューヨークへ移り徐々にダンサーとしての活動を始める。厳しい競争社会の中で戦う為に、体のメンテナンスとしてヨガを取り入れる。当初は体のケアだけが目的だったが、続けていくうちに体だけでなく心も日々変化していくのを実感。忙しい生活を送る中で尖ってきた心が、ヨガをすることでだんだん丸くなっていくような今まで味わったことのない平和な感覚が自分の内側に感じられるようになる。ヨガの奥深さに興味を持つようになり、2006年yogaworksにてティーチャートレーニング200時間を修了。翌年よりインストラクターとしての活動をスタートする。以後、様々な流派のヨガを学び経験してきたが、個人を尊重するイシュタヨガと出会い、より一層クリアに心と体のバランスを見つけられるようになる。日々の学び、経験の積み重ね、そこから得られた恩恵をシェア出来ることに感謝しています。


英語通常クラスの講師

以下のインストラクターが英語で通常のクラスを教えています。
Kazuko Okuno, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

カズ(Kaz)

カズは脊柱側弯症の克服のために学生時代、ヨガを始めました。 ヨガが現在のようにポピュラーなものになる前のことで、シニア世代の姿勢維持を目的としてヨガが利用されており、そういったクラスに参加していました。 やがて、ヨガは身体面だけでなく精神面にも良い効果があると感じるようになりアイアンガーヨガ、産前・産後ヨガ、脊柱側弯症の方向けのヨガやその他のハタヨガに取り組むようになりました。 彼女はいつも身体的にアクティブであることを楽しむ一方で、ヨガのプラクティスから得られる精神的な落ち着きやエネルギーをも実感しています。 彼女の人生の中でヨガは不変のものであり続け、この素晴らしい体験をクラスを通して皆さんと分かち合いたいと心から思っています。
Danielle-Millet, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

ダニエル(Danielle Millet)

東京の喧騒の中に在りながらも、ヨガのマット上では果てしない平安を見出すことができる。 そう感じたダニエルは、情熱的にヨガに取り組むようになった。 ヨガは、彼女が長らく追求していた精神と身体が結びつく感覚をもたらしてくれる。 ヨガ教室に数年通った後に、ヨガに関する知識(歴史、哲学、シークエンスの組み立てや指導法)を より深めたいと思い、2007年にインストラクター養成コースを受けた。 「クラスを通して、ゆっくりとご自分のことを理解し、それに同調できるよう導いていきたいです。」
Lori Flynn, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

ローリー (Lori Flynn)

2010年に在来の英国からアメリカへ移住しました。新たな生活に馴染もうとする彼女に前向きな気持ちと安らぎをもたらしたものがヨガでした。2011年、3人目の子供を妊娠した際には、スムーズな出産に向けた体の準備や、産後の戻りを良くするといった良い影響をヨガから受けました。ヨガを続けていくうちに、ローリーはその素晴らしい恩恵を自分だけでなく、指導を通して周りの人にも伝えたいという欲求を持ち始めました。2012年に家族と共に東京へ、ビーヨガジャパンでヨガの素晴らしさをみなさんと共有すべく、新しい挑戦へと乗り出しました。
Laura Huizi, a certified instructor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

ローラ (Laura Huizi)

多くの人がそうであるように、ヨガを始めたきっかけは怪我の療養のためでした。しかし、マットの上で得られたのは癒しだけでなく、喜びや解放感でした。ヨガに対する好奇心や情熱が、その後、20年以上に渡ってジバムクティ、アシュタンガ、アイアンガー、そしてイシュタヨガを学ぶ原動力となりました。

一生徒としてヨガをしていましたが、自分のプラクティスをより深く広める為にインストラクターになることを決意しました。教える際は、B.K.S.アイアンガーの言葉”ヨガは音楽のようなものです。身体(リズム)、心(メロディー)、精神(ハーモニー)が生活の調和(シンフォニー)を生み出します。”のように、呼吸と意識と動きのバランスを探求していきたいと思っています。

自分を導いてくれた先生たち(Sharon Gannon,David Life,Kumiko Mack and Meg McCreery)、そして、家族、友人、生徒の皆さんに感謝します。


インストラクター養成コース – 客員講師

Arita Hideho, a guest instuctor at Be Yoga Japan, Hiroo ,Tokyo

有田 秀穂(Arita Hideho)

1948年東京生まれ。東京大学医学部卒業後、東海大学病院で臨床に、筑波大学基礎医学系で脳神経系の基礎研究に従事、その間、米国ニューヨーク州立大学 に留学し、現在、東邦大学名誉教授。坐禅の呼吸法とセロトニン神経との関係で、各界から注目を集める「セロトニン研究」の第一人者。脳内セロトニンを活性 化させる技法を教えるセロトニンDojoの代表も勤める。 主な著書に、「脳からストレスを消す技術」(サンマーク出版)、「ストレスすっきり!脳活習慣」(徳間書店)、「セロトニン欠乏脳」(NHK生活人新 書)、「セロトニン睡眠法」(青春出版)、「心も脳も元気になるストレス整理術」(WAC出版)、「呼吸の事典」監修(朝倉書店)など。CD監修「脳スト レス解消」(デラ)、「エチカの鏡」(フジテレビ)、「朝イチ」(NHK)などテレビ出演多数。 セロトニンDojo  http://www.serotonin-dojo.jp/

Imafuku Toshikazu, a guest instuctor at Be Yoga Japan, Hiroo, Tokyo

今福 利一(Toshikazu Imafuku)

  • 米国ヨガアライアンス イシュタヨガ認定インストラクター (RYT200)
  • アメリカスポーツ医学会公認ヘルスフィットネススペシャリスト
  • メディックファーストエイド インストラクター

 


ボディ・コンディショナー 杉本 亮子(Ryoko Sugimoto)

杉本 亮子(Ryoko Sugimoto)

  • ボディ・コンディショナー
  • 1994年 お茶の水女子大学大学院修士課程 人文科学研究 舞踊教育学専攻(動作学)修了。

2002-04年の2年間、文化庁在外研修員としてNYにてダンスとボディ・コンディショニングの研修をおこなう。Laban/Bartenieff Institute of Movement StudyにてCMA (Certified Movement Analyst; 2004)、Physical Mind Instituteにてピラティス・マットエクササイズの指導資格(2004)を取得。Amy Matthews氏のもとでヨガを、Michelle Gay氏のもとで空手を研修。 現在、お茶の水女子大学、慶応義塾大学等で一般体育として、また昭和音楽大学やアーキタンツではダンスやミュージカル等を専門とする方等、さまざまな専門分野の受講者にボディ・コンディショニング、解剖学、運動生理学の指導、講義をおこなっている。

アーユルヴェーダ講師 西川眞知子(Machiko Nishikawa)

西川 眞知子(Machiko Nishikawa)

  • 日本ナチュラルヒーリングセンター代表
  • 一般社団法人日本パステルシャインアート協会理事
  • 一般社団法人美容融合医療協会代表理事
  • アンチエイジング医師団顧問
  • 日本アーユルヴェーダ学会評議員
  • NPO日本アーユルヴェーダ協会理事
  • 一般社団法人統合医療学院理事
  • 学校法人タカノ友梨美容専門学校講師
  • ふるさとテレビ顧問など多数

アーユルヴェーダ体質別健康美容法と独自な簡単生活習慣改善プログラムを構築し、講演、セミナーおよび健康美容のコンサルティングや商品開発を数多く手掛ける。共著および著書に「生命の科学アーユルヴェーダ」「これ一冊できちんとわかるアーユルヴェーダ」など著書30冊以上。http://www.jnhc.co.jp