片鼻呼吸法(ナデイショダナ)

心が落ち着かないとき、不安なとき、焦燥感を感じるとき、眠れないとき、この呼吸法をすると心が静まります。一日何度しても良いです。
ナデイショダナ(片鼻呼吸法) 
背筋を長く伸ばして座る。左手は手の平を下にして膝の上におく。右手はピースサインを作るように人差し指と中指を上にのばし、おでこをその指先にのせ、親指と薬指は鼻の固い骨の下のところにそえる。
胸を広げたままあごを胸のほうにさげる。息を吐ききって、親指と薬指で鼻孔をふさぐ。
親指だけゆるめて、右の鼻孔から息を吸う(左の鼻孔はそのまま薬指でふさいでおく)。息を吸いきったら、右の鼻孔も親指でふさいで、呼吸を少し保持する。それから薬指をゆるめて、左の鼻孔だけから息を吐く。
息を吐ききったら、そのまま左の鼻孔から息を吸う。息を吸いきったら、左の鼻孔を薬指でふさぎ、呼吸を保持。それから右の鼻孔から息を吐く。
これで1セット。これを6セットから10セットする。自分の心地よい程度に呼吸をのばし、呼吸の保持ものばす。
右脳と左脳のバランスがとれ、心に調和が感じられる。